フォロー





 RSS登録

カテゴリー

人物人物 (47)
出来事出来事 (14)
制度制度 (8)
飲食物飲食物 (18)
農産物農産物 (53)
会社会社 (1)
施設施設 (9)
地域地域 (3)
広告


りんご

りんご

  りんご
別名:リンゴ、林檎
明治時代~

赤や緑色のバラ科の果物



年表

紀元前

原産地はコーカサス地方で、トルコでは約8000年前、スイスでは約4000年前の化石などが出土している。


明治初期

この頃、欧米から日本に導入

北海道開拓使などが欧米から日本に導入。
この後、増殖した苗を各地に配布する。


1875年(明治8年)

この年、青森県でりんご栽培が始まる

青森県に内務省勧業寮から3本の苗木が配布され、その後、青森県各地に広がる。


1952年(昭和27年)

この年、「王林」が命名

ゴールデン・デリシャスに印度を交雑・育成した品種。


1964年(昭和39年)

この年、「ふじ」が命名・登録される

国光にデリシャスを交雑・育成した品種で、現在ではりんご生産量の約半分がこの「ふじ」となっている。


1970年(昭和45年)

この年、秋田県果樹試験場が「ジョナゴールド」を導入

1943年(昭和18年)にニューヨーク州立農業試験場がゴールデン・デリシャスと紅玉を交雑・育成したもので、1970年に秋田県果樹試験場が導入。
この後、青森県・岩手県などに拡がる。


1975年(昭和50年)

この年、「つるが」が登録

ゴールデン・デリシャスと紅玉を交雑したもので、交雑自体は青森県りんご試験場が1930年(昭和5年)が実施していたが、1975年に「つるが」として登録(1973年という説もある)


参考

favicon-book小崎格他監修「花図鑑 野菜+果物 (草土花図鑑シリーズ)

favicon-book成瀬宇平「47都道府県・地野菜/伝統野菜百科





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


広告