運営者

平成

宇都宮餃子

年表 戦時中 第14師団が、餃子の本場である満州のチチハルに進駐する。 終戦後 宇都宮に復員した兵隊が、満州で食べた餃子を思い出し作るようになり、市民の食べ物となる。 昭和20年代後半 宇都宮で初めて、栄...
大正

石炭

年表 室町時代 三池炭田の始まり 「石炭山由来記」に、百姓・伝治左衛門が三池郡稲荷村で、燃える石を発見との記述がある 筑豊炭田の始まり 「香月世譜」に、五郎太夫が遠賀郡香月村で、薪の代わりに石炭を用いたとの記述がある 宇...
平成

近大マグロ

年表 1970年(昭和45年) 水産庁が「有用魚類大規模養殖実験事業」を開始 水産庁が、サケ・タラバガニ・マグロの養殖実験を推進。 マグロに関しては、静岡・三重・長崎の水産試験場、東海大学、近畿大学が委託される。 近畿大学は、...
大正

養殖うなぎ

年表 1879年(明治12年) 東京深川で、服部倉治郎によるウナギ養殖が始められる 日本のうなぎ養殖の始まり 1890年代 東海地域でうなぎ養殖が試みられるようになる 静岡・愛知・三重など東海地域で、うなぎ養殖が行わ...
大正

年表 紀元前300年頃 エジプトで、パピルス草という植物の茎を薄く切って、絵や文字を記録。 (ただし、製法が異なり、一般的な紙とは異なる) 前漢時代(紀元前206年~8年) 中国・前漢時代の遺跡から麻の繊維で作られたも...
大正

オリーブ

年表 1861年(文久2年) オリーブが初めて日本に伝来 原産地は地中海だが、日本に伝来したのはこの頃で、幕府の奥医師・林洞海が横須賀で栽培(しかし実はつかなかったとされる) その後も各地で栽培が行われるが、根付かず。 ...
大正

食用菊

年表 8世紀後半 この頃、中国から日本に伝わる 原産地は中国で、中国では不老長寿を願う花として親しまれていた。 日本へは、この頃、唐の使者から伝えられた。 当初は、主に薬草として用いられ、その後、観賞用として栽培されるようにな...
出来事

明暦の大火

年表 1657年(明暦3年) 1月18日 本郷丸山の本妙寺から出火 80日余も雨が降らず乾燥しており、北西風が強く吹くという悪条件の中、午後2時頃に出火。 湯島・駿河台・神田・日本橋・霊岸島から佃島・深川に飛び火した(特に、浅倉門で...
制度

御三卿

概要  御三卿は、8代将軍・徳川吉宗、9代将軍・徳川家重の子息から始まった、田安家・一橋家・清水家の3家である。  御三卿は、あくまでも将軍家の親族という位置づけで、独立した藩塀とはみなされず、支配拠点はなく、それぞれ賄領10万石と...
制度

御三家

概要  御三家とは、江戸時代に、将軍に次ぐ高い官位を有し、別格の扱いを受けた家のことであり、初代将軍・徳川家康の子息から始まった尾張家・紀伊家・水戸家が、御三家とされている。  御三家は、それぞれの藩を領有する大名であり、尾張家・紀...
タイトルとURLをコピーしました