ピーマン

大正
   

年表

15世紀

原産地は熱帯アメリカだが、この頃、コロンブスがスペインに持ち帰り、世界中に広がったとされる。
ただ、コロンブス自体は、西インド諸島で栽培されていた辛い唐辛子をコショウ(pepper)と思い込み、間違えて紹介したと言われる。
(そのため、ピーマンは英語でbell pepperやsweet pepperと言われる)


16世紀

この頃、日本に導入される

ポルトガル人が持ち込んだ、朝鮮出兵の際に持ち帰った、南蛮貿易でタバコなどと共に持ち込まれたなど、諸説あるが、いずれにせよ、16世紀頃、日本に導入されたとされる。

ただしこの頃、持ち込まれたのは、辛味種の唐辛子。


明治初期

この頃、辛味のないピーマンが導入される

チャイニーズジャイアントやカルフォルニアワンダーなど、辛味のないピーマンが導入される。
しかし、あまり普及せず。


昭和30年代

この頃、実際に日本でも普及し始める


参考

favicon-book小崎格他監修「花図鑑 野菜+果物 (草土花図鑑シリーズ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました