そら豆

大正
   

年表

原産地

原産地は北アフリカ・西南アジア。
古代エジプトや古代ギリシャなど古くから栽培されている。


奈良時代

この時代、インドの僧が日本に伝えたとされる

聖武天皇の頃、インドの僧・仙那が中国から来日した際に伝えたという伝説がある(あくまでも伝説)。


江戸時代

この時代には、日本に伝来していたとされる

『多識編』(1631年)に「蚕豆」(そらまめ)という記録が残されている。


明治時代

この時代、欧米から大粒品種が日本に導入される

現在利用されているものは、明治時代以降に導入された大粒品種である。


参考

favicon-book小崎格他監修「花図鑑 野菜+果物 (草土花図鑑シリーズ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました