フォロー





 RSS登録

カテゴリー

人物人物 (47)
出来事出来事 (14)
制度制度 (8)
飲食物飲食物 (18)
農産物農産物 (53)
会社会社 (1)
施設施設 (9)
地域地域 (3)
広告



山岡孫吉

no image

年表 1888年(明治21年)(0歳) 3月22日 滋賀県伊香郡南冨永村で誕生 農家7人の子の6番目に生まれる 1900年(明治33年)(12歳) 高等小学校を卒業 実家の農業を手伝うようになる。 1903年(明治36年 […]


山葉寅楠

年表 1851年(嘉永4年)(0歳) 4月2日 紀州藩士・山葉孝之助の三男として、和歌山に生まれる 父は、天文係を務めており、計測などに身近に接して育つ。 1871年(明治4年)(20歳) 幕府崩壊で生活が苦しくなり、大 […]


山田方谷

年表 1805年(文化2年)(1歳) 2月21日 備中松山領阿賀郡西方村で、農業をしている五郎吉の長男として、生まれる 備中松山領阿賀郡西方村(現・高梁市中井町西方)に父・五郎吉、母・梶の長男として生れる。 1809年( […]


細川忠興

名言 細川忠興による名言・至言です。 家来共に二度までは教へ申候、三度目には、切り申候 『名将言行録』 家中の者共は、将棋の駒と思ふべし 『名将言行録』 天下の御政は、角なる物に、丸き蓋をしたる様に遊ばされ、能く候はん […]


小早川隆景

no image

名言 小早川隆景による名言・至言です。 異見をして見るに直に請合ふ者に、其異見を保つ者なし、異見をする人の詞(ことば)を能く聞きて我心に考へ合点ならぬ所をば、一ト問答も二タ問答もして理に詰りて後尤も請る者は、後ちまで其異 […]


藤村紫朗

no image

年表 1845年(弘化2年)(1歳) この年、熊本藩・黒瀬市右衛門の次男として生まれる 江戸時代末期 10代になり、京に上り尊王攘夷・倒幕運動に加わる 1863年(文久3年)(19歳) 8月18日 八月十八日の政変 この […]


鍋島直茂

名言 鍋島直茂による名言・至言です。 上中下の分別の人、上は人の能き所作の分別を見取て、我分別に為すなり、中は人より異見をされて、我分別に為す、下は人より能き事を言ひ聞かせられて笑ふなり 『名将言行録』 律儀正直に計り覚 […]


荻原重秀

no image

概要 荻原重秀の通称は、彦次郎(重秀は諱)。 徳川綱吉などに仕え、勘定奉行として、貨幣改鋳などの経済対策を行った。 一般には、新井白石による批判から悪政を行ったとされるが、近年は、新しい経済政策を実施した人物として、再評 […]


柳生宗矩

名言 柳生宗矩による名言・至言です。 われ人に勝つ道を知らず、われに勝つ道を知る。 『葉隠』 兵法は人をきるとばかりおもふは、ひがごと也。人をきるにはあらず、悪を殺す也。一人の悪をころして、万人をいかすはかりごと也。 『 […]


前田利家

名言 前田利家による名言・至言です。 金を持てば人も世上も恐ろしく思はぬものなり。摺切れば世上も恐敷きものなり 『名将言行録』 同輩より下への状抔は、慇懃に書く程、先方にては猶々忝く思ふものなり 『名将言行録』 前田利家 […]





広告