江戸

人物

山葉寅楠

山葉寅楠に関する歴史、年表、資料などを紹介しています。
大正

砂糖

概要  砂糖は、中国から伝えられ、奈良時代ぐらいには輸入されていた。ただ貴重品であったため、甘味料というよりは薬種として利用されている。本格的に、砂糖が甘味料として利用されるようになったのは、南蛮貿易でカステラや金平糖などが入ってきた戦国...
奈良

お茶

年表 奈良時代 この頃から、一部でお茶が飲まれていたという記述がある 聖武天皇が行茶と称して僧に茶を賜うという記述がある(『奥儀抄』)。 805年(延暦24年) 最澄が唐から団茶とお茶の実を持ち帰ったされる そして、...
大正

四日市港

年表 江戸時代 四日市港はあったが、あまり発展していなかった 鳥羽・大湊・白子・桑名のほうが、利用されていた。 江戸時代末期 徐々に、四日市港の重要性が増してくる。 東海道に近く、桑名港が長良川・揖斐川の土砂で浅くな...
大正

石炭

年表 室町時代 三池炭田の始まり 「石炭山由来記」に、百姓・伝治左衛門が三池郡稲荷村で、燃える石を発見との記述がある 筑豊炭田の始まり 「香月世譜」に、五郎太夫が遠賀郡香月村で、薪の代わりに石炭を用いたとの記述がある 宇...
大正

年表 紀元前300年頃 エジプトで、パピルス草という植物の茎を薄く切って、絵や文字を記録。 (ただし、製法が異なり、一般的な紙とは異なる) 前漢時代(紀元前206年~8年) 中国・前漢時代の遺跡から麻の繊維で作られたも...
大正

オリーブ

年表 1861年(文久2年) オリーブが初めて日本に伝来 原産地は地中海だが、日本に伝来したのはこの頃で、幕府の奥医師・林洞海が横須賀で栽培(しかし実はつかなかったとされる) その後も各地で栽培が行われるが、根付かず。 ...
大正

食用菊

年表 8世紀後半 この頃、中国から日本に伝わる 原産地は中国で、中国では不老長寿を願う花として親しまれていた。 日本へは、この頃、唐の使者から伝えられた。 当初は、主に薬草として用いられ、その後、観賞用として栽培されるようにな...
人物

山田方谷

山田方谷に関する歴史、年表、資料などを紹介しています。
出来事

明暦の大火

年表 1657年(明暦3年) 1月18日 本郷丸山の本妙寺から出火 80日余も雨が降らず乾燥しており、北西風が強く吹くという悪条件の中、午後2時頃に出火。 湯島・駿河台・神田・日本橋・霊岸島から佃島・深川に飛び火した(特に、浅倉門で...
タイトルとURLをコピーしました