フォロー





 RSS登録

カテゴリー

人物人物 (47)
出来事出来事 (14)
制度制度 (8)
飲食物飲食物 (18)
農産物農産物 (53)
会社会社 (1)
施設施設 (9)
地域地域 (3)
広告



砂糖

概要  砂糖は、中国から伝えられ、奈良時代ぐらいには輸入されていた。ただ貴重品であったため、甘味料というよりは薬種として利用されている。本格的に、砂糖が甘味料として利用されるようになったのは、南蛮貿易でカステラや金平糖な […]


お茶

年表 奈良時代 この頃から、一部でお茶が飲まれていたという記述がある 聖武天皇が行茶と称して僧に茶を賜うという記述がある(『奥儀抄』)。 805年(延暦24年) 最澄が唐から団茶とお茶の実を持ち帰ったされる そして、その […]


石炭

年表 室町時代 三池炭田の始まり 「石炭山由来記」に、百姓・伝治左衛門が三池郡稲荷村で、燃える石を発見との記述がある 筑豊炭田の始まり 「香月世譜」に、五郎太夫が遠賀郡香月村で、薪の代わりに石炭を用いたとの記述がある 宇 […]


年表 紀元前300年頃 エジプトで、パピルス草という植物の茎を薄く切って、絵や文字を記録。 (ただし、製法が異なり、一般的な紙とは異なる) 前漢時代(紀元前206年~8年) 中国・前漢時代の遺跡から麻の繊維で作られたもの […]


食用菊

年表 8世紀後半 この頃、中国から日本に伝わる 原産地は中国で、中国では不老長寿を願う花として親しまれていた。 日本へは、この頃、唐の使者から伝えられた。 当初は、主に薬草として用いられ、その後、観賞用として栽培されるよ […]


大名

no image

年表 鎌倉時代 この時代、有力武士を表すようになる もともと大名は、多くの名田をもった者だったが、この頃になると、有力武士を表すようになる。 室町時代 この時代、守護大名が登場する 室町時代には守護が領国支配を強め、守護 […]


細川忠興

名言 細川忠興による名言・至言です。 家来共に二度までは教へ申候、三度目には、切り申候 『名将言行録』 家中の者共は、将棋の駒と思ふべし 『名将言行録』 天下の御政は、角なる物に、丸き蓋をしたる様に遊ばされ、能く候はん […]


小早川隆景

no image

名言 小早川隆景による名言・至言です。 異見をして見るに直に請合ふ者に、其異見を保つ者なし、異見をする人の詞(ことば)を能く聞きて我心に考へ合点ならぬ所をば、一ト問答も二タ問答もして理に詰りて後尤も請る者は、後ちまで其異 […]


そら豆

年表 原産地 原産地は北アフリカ・西南アジア。 古代エジプトや古代ギリシャなど古くから栽培されている。 奈良時代 この時代、インドの僧が日本に伝えたとされる 聖武天皇の頃、インドの僧・仙那が中国から来日した際に伝えたとい […]


枝豆

年表 紀元前2000年 原産地は中国であるが、穀物用の大豆は東アジアが原産で、この頃から栽培されている。 縄文時代 この時代、中国から朝鮮半島経由で大豆が日本に伝わる このため、『古事記』『日本書紀』『正倉院古文書』など […]





広告