フォロー





 RSS登録

カテゴリー

人物人物 (47)
出来事出来事 (14)
制度制度 (8)
飲食物飲食物 (18)
農産物農産物 (53)
会社会社 (1)
施設施設 (9)
地域地域 (3)
広告


ブロッコリー

ブロッコリー

  かりふらわー
明治時代~

キャベツの仲間で、花蕾を食用とするアブラナ科の野菜



年表

15~16世紀

原産地は地中海沿岸でブロッコリーが突然変異で白化したもの。
この頃には、南ヨーロッパで重要野菜となる。


18世紀

北部ヨーロッパまで広がる


明治初期

この頃、日本に導入される

太平洋沿岸地域で栽培されるようになる。

1960年代

この頃から、日本で消費が伸び始める

日持ちがよいためブロッコリーよりも定着が早く、この頃から消費が伸び始め、早生・晩生などの様々な品種が栽培されるようになる。
ただ最近は、ブロッコリーに押され気味で、栽培量も減少している。


参考

favicon-book小崎格他監修「花図鑑 野菜+果物 (草土花図鑑シリーズ)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


広告