フォロー





 RSS登録

カテゴリー

人物人物 (47)
出来事出来事 (14)
制度制度 (8)
飲食物飲食物 (18)
農産物農産物 (53)
会社会社 (1)
施設施設 (9)
地域地域 (3)
広告


とうもろこし

とうもろこし

  とうもろこし
別名:トウモロコシ、とうきび、スイートコーン
16世紀~

日本で古くから食されてきた根菜類



年表

紀元前5000年

原産地はメキシコなどの中南米熱帯地方で、この頃にはメキシコに野生種が分布していた。


紀元前3000年

この頃には、栽培型が成立する。


紀元前2000年

この頃に、現在のような穂の形ができる。


1400年代初め

この頃までには、アメリカに普及していた。


15世紀

この頃、コロンブスなどにより、スペインに持ち込まれ、30~40年でフランス・イタリア・トルコ・北アフリカまで普及。
その後、インド・中国にも広まる。


1579年(天正7年)

この年、フリントコーンが長崎に持ち込まれる

硬実種のフリントコーンがポルトガル船により長崎に持ち込まれる。
これにより、江戸時代には各地で栽培されるようになる。


明治時代

この時代、西洋型の大規模農業の導入を検討していた北海道に導入される


1904年(明治37年)

この年、アメリカから「ゴールデンバンダム」が日本に導入

アメリカから甘味種のスイートコーン「ゴールデンバンダム」が導入される。


1949年(昭和24年)

この年、「ゴールデンクロスバンダム」が導入

甘味種の1代交配種の「ゴールデンクロスバンダム」が導入される。


2002年(平成14年)

この年、「ピュアホワイト」発表

雪印種苗より、糖度が高く、生食も可能な「ピュアホワイト」が発表される。


参考

favicon-book小崎格他監修「花図鑑 野菜+果物 (草土花図鑑シリーズ)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


広告