フォロー





 RSS登録

カテゴリー

人物人物 (47)
出来事出来事 (14)
制度制度 (8)
飲食物飲食物 (18)
農産物農産物 (53)
会社会社 (1)
施設施設 (9)
地域地域 (3)
広告


no image

ゴーストップ事件

  ごーすとっぷじけん
1933年(昭和8年)6月17日~11月19日

戦前大阪で起きた事件で、巡査と兵士の喧嘩が警察と陸軍の対立まで発展した事件



年表

1933年(昭和8年)

6月17日 第4師団第8連隊の中村一等兵と曽根崎署の戸田巡査が喧嘩

午前11時半頃、大阪市北区天神橋筋6丁目の交差点で、第4師団第8連隊の中村一等兵が赤信号を無視して渡ろうとしたところ、曽根崎署の戸田巡査に注意され、「軍人は警官の命令に従わない」といい、殴り合いのけんかとなる。

そして知らせを受けた憲兵隊が曽根崎署に抗議するが、曽根崎署は反論し、ゴーストップ事件が始まる。


6月22日 第4師団参謀長・井関大佐が重大声明を発表

第4師団参謀長・井関大佐がゴーストップ事件は皇軍の威信に関わる問題だと声明を発表する。
しかし、粟屋府警察部長も陳謝はしないと反論。


6月24日 寺内第4師団長と縣府知事が会見

会見するも決裂
一兵士と一巡査の喧嘩が、師団と府の対立となる。


6月28日 井関参謀長が更に言明

井関参謀長は「軍人の身体は上御一人に捧げてある。したがって外出中でも軍服を着ておれば、軍の統帥権内にある」と言明。
しかし、粟屋府警部長も「軍隊行動でない個人としての軍人と、一般民衆の扱いに違いはない」と反論。


7月3日 荒木陸相が現地調査

第4師団を激励する。
ここに至り、大臣レベルの争いとなる。


7月11日 陸軍が中村一等兵の名で戸田巡査を告訴


8月4日 大阪地検が両人を呼び出し現場検証

当時話題となっており、早朝から6・700人の見物人がおしかける始末。
大阪地検は和解を勧告するが、両人とも応ぜず。

その後、小山法相も二度来阪して斡旋に努めるが失敗。


11月19日 急きょ解決

事態を憂慮した天皇が特命を出し、白根兵庫県知事が調停に乗り出し、急きょ解決に至る。


参考

favicon-book「大阪の歴史」研究会「大阪近代史話





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


広告