鳩山一郎内閣

スポンサーリンク

第1次鳩山一郎内閣

歴代52代目となる鳩山一郎を内閣総理大臣とした内閣である。
期間としては、1954年(昭和29年)12月10日~1955年(昭和30年)3月19日。

役職 氏名 備考
内閣総理大臣 鳩山一郎
法務総裁 花村四郎
外務大臣 重光葵(※)
大蔵大臣 一萬田尚登
文部大臣 安藤正純
厚生大臣 鶴見祐輔
農林大臣 河野一郎
通商産業大臣 石橋湛山
運輸大臣 三木武夫
郵政大臣 武知勇記
労働大臣 千葉三郎
建設大臣 竹山祐太郎
国家公安委員会委員長 大麻唯男
行政管理庁長官 西田隆男(*)
北海道開発庁長官 三好英之
自治庁長官 西田隆男(*)
防衛庁長官 大村清一
経済審議庁長官 高碕達之助
内閣官房長官 根本龍太郎
法制局長官 昭和29年12月11日~昭和30年3月19日 林修三
内閣官房副長官 昭和29年12月10日~昭和30年1月28日 松本瀧蔵
昭和30年1月28日~昭和30年3月19日 田中榮一
内閣官房副長官 井上卓一
(注)(兼)は兼任、(事取)は事務取扱、(※)は組閣当初において、内閣法第9条によりあらかじめ指定された国務大臣(いわゆる副総理)を示している。また、(*)は同一人が就任期間の全期間又は一定期間に2つ以上の職を担当したことを示す。


第2次鳩山一郎内閣

歴代53代目となる鳩山一郎を内閣総理大臣とした内閣である。
期間としては、1955年(昭和30年)3月19日~1955年(昭和30年)11月22日。

役職 氏名 備考
内閣総理大臣 鳩山一郎
法務総裁 花村四郎
外務大臣 重光葵(※)
大蔵大臣 一萬田尚登
文部大臣 松村謙三
厚生大臣 川崎秀二
農林大臣 河野一郎
通商産業大臣 石橋湛山
運輸大臣 三木武夫
郵政大臣 松田竹千代
労働大臣 西田隆男
建設大臣 竹山祐太郎
国家公安委員会委員長 大麻唯男
行政管理庁長官 川島正次郎(*)
北海道開発庁長官 大久保留次郎
自治庁長官 川島正次郎(*)
防衛庁長官 昭和30年3月19日~昭和30年7月31日 杉原荒太
昭和30年7月31日~昭和30年11月22日 砂田重政
経済審議庁長官 昭和30年3月19日~昭和30年7月20日 高碕達之助 昭和30年7月20日に経済審議庁は廃止
経済企画庁長官 昭和30年7月20日~昭和30年11月22日 高碕達之助 昭和30年7月20日に経済企画庁が設置
内閣官房長官 根本龍太郎
法制局長官 林修三
内閣官房副長官 松本瀧蔵
内閣官房副長官 田中榮一
(注)(兼)は兼任、(事取)は事務取扱、(※)は組閣当初において、内閣法第9条によりあらかじめ指定された国務大臣(いわゆる副総理)を示している。また、(*)は同一人が就任期間の全期間又は一定期間に2つ以上の職を担当したことを示す。


第3次鳩山一郎内閣

歴代54代目となる鳩山一郎を内閣総理大臣とした内閣である。
期間としては、1955年(昭和30年)11月22日~1956年(昭和31年)12月23日。

役職 氏名 備考
内閣総理大臣 鳩山一郎
法務総裁 牧野良三
外務大臣 重光葵(※)
大蔵大臣 一萬田尚登
文部大臣 清瀬一郎
厚生大臣 小林英三
農林大臣 河野一郎(*)
通商産業大臣 石橋湛山
運輸大臣 吉野信次
郵政大臣 村上勇
労働大臣 倉石忠雄
建設大臣 馬場元治(*)
国家公安委員会委員長 大麻唯男
首都圏整備委員会委員長 昭和31年6月9日~昭和31年12月23日 馬場元治(*) 昭和31年6月9日に首都圏整備委員会が設置
行政管理庁長官 河野一郎(*)
北海道開発庁長官 正力松太郎(*)
自治庁長官 太田正孝
防衛庁長官 船田中
経済企画庁長官 高碕達之助
科学技術庁長官 昭和31年5月19日~昭和31年12月23日 正力松太郎(*) 昭和31年5月19日に科学技術庁が設置
内閣官房長官 根本龍太郎
法制局長官 林修三
内閣官房副長官 松本瀧蔵
内閣官房副長官 田中榮一
(注)(兼)は兼任、(事取)は事務取扱、(※)は組閣当初において、内閣法第9条によりあらかじめ指定された国務大臣(いわゆる副総理)を示している。また、(*)は同一人が就任期間の全期間又は一定期間に2つ以上の職を担当したことを示す。


参考

favicon-web首相官邸「内閣制度と歴代内閣

※他の内閣については「歴代内閣」を参照のこと。

投稿

 鳩山一郎内閣に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • トピックが見つかりませんでした。
  • 新しいトピックを作成するにはログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました