フォロー





 RSS登録

カテゴリー

人物人物 (47)
出来事出来事 (14)
制度制度 (8)
飲食物飲食物 (18)
農産物農産物 (53)
会社会社 (1)
施設施設 (9)
地域地域 (3)
広告


浜口雄幸

浜口雄幸

  はまぐちおさぢ
別名:濱口雄幸
1870年5月1日(明治3年4月1日)~1931年(昭和6年)8月26日

昭和初期に金解禁などを実施した首相・政治家



概要

 戦前の官僚・首相である。
 帝国大学を卒業後、大蔵省に入省し、逓信次官・大蔵次官などを歴任する。
 その後、政界に進出し、1929年(昭和4年)に内閣総理大臣となり、ロンドン海軍軍縮条約締結、緊縮財政、金解禁などを行う。
 しかし、1930年(昭和5年)に東京駅で銃に撃たれ、一命を取り留めるが、翌年、内閣総理大臣を辞職。その4か月後に、その傷が元となり、死去。


年表

浜口雄幸に関する年表・年譜です。

西暦(年号) 年齢 出来事
1870年
(明治3年)
0歳 林業を営む水口胤平の3人兄弟の末子として、土佐国長岡郡五台山で生まれる。
1889年
(明治22年)
19歳 高知県安芸郡田野村の濱口義立の長女・夏子と結婚し、養嗣子となる。
1895年
(明治28年)
25歳 7月 帝国大学法科大学政治学科卒業、大蔵省入省
1896年
(明治29年)
26歳 6月 山形県収税長
1897年
(明治30年)
27歳 8月 大蔵書記官兼大倉参事官
1898年
(明治31年)
28歳 11月 松山税務管理局長
1899年
(明治32年)
29歳 7月 熊本税務管理局長
1902年
(明治35年)
32歳 11月 東京税務監督局長
1904年
(明治37年)
34歳 6月 煙草専売局書記官
1906年
(明治39年)
36歳 12月 専売局第一部長
1907年
(明治40年)
37歳 12月 専売局長官
1912年
(明治45年
/大正元年)
42歳 12月 逓信次官
1914年
(大正3年)
44歳 4月 大蔵次官
1915年
(大正4年)
45歳 3月 衆議院議員当選
1917年
(大正6年)
47歳 1月 総選挙落選
1919年
(大正8年)
49歳 3月 衆議院補欠選挙当選
1924年
(大正13年)
54歳 6月 大蔵大臣
1926年
(大正15年
/明治元年)
56歳 6月 内務大臣
1927年
(昭和2年)
57歳 6月 立憲民友党総裁
1929年
(昭和4年)
59歳 7月 内閣総理大臣就任
1930年
(昭和5年)
60歳 11月 濱口首相遭難事件
1931年
(昭和6年)
61歳 4月 内閣総理大臣辞職
8月 死去


著書

浜口雄幸による著書・著作です。

favicon-book浜口雄幸『日記・随想録』

favicon-book川田稔『浜口雄幸集 論述・講演篇

favicon-book川田稔『浜口雄幸集―議会演説篇


文献

浜口雄幸に関する文献・著書です。

favicon-book川田稔『浜口雄幸―たとえ身命を失うとも (ミネルヴァ日本評伝選)

favicon-book川田稔『浜口雄幸と永田鉄山 (講談社選書メチエ)

favicon-book川田稔『激動昭和と浜口雄幸 (歴史文化ライブラリー)

favicon-book波多野勝『浜口雄幸―政党政治の試験時代 (中公新書 (1115))

favicon-book関根実『濱口雄幸伝』

favicon-book立憲政友会会報局『濱口内閣の執れる不景気政策の実相』


小説

浜口雄幸を主人公とした小説です。

favicon-book城山三郎『男子の本懐 (新潮文庫)


ゆかりの地・施設

浜口雄幸に関する施設・ゆかりの地です。

名称 住所 備考
浜口雄幸生家記念館 高知県高知市五台山4377
浜口雄幸旧邸 高知県安芸郡田野町378
浜口雄幸旧邸 高知県安芸郡田野町378
東京駅 東京都千代田区丸の内1丁目


地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
現在地
Google Mapsルートを検索




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


広告


コンテンツ