フォロー





 RSS登録

カテゴリー

人物人物 (47)
出来事出来事 (14)
制度制度 (8)
飲食物飲食物 (18)
農産物農産物 (53)
会社会社 (1)
施設施設 (9)
地域地域 (3)
広告


河内木綿

河内木綿

  かわちもめん
江戸時代初期~

大阪・河内地方で生産されていた手織の木綿



概要

河内木綿とは、糸太で地厚であり、耐久性に富んだ大阪・河内地方で生産された木綿である。
農家では、自家産の綿・手紡糸を用いて、手織されていた。


年表

江戸時代初め

いつから河内で木綿栽培が行われたかは不明だが、この頃には木綿栽培が行われたようである。


17世紀

この頃には、かなり綿栽培・木綿生産が盛んになる

『毛吹草』(1638年)には、河内の特産品として「久宝寺木綿」が紹介され、 貝原益軒の『南遊紀行』(1689年)にも登場している。


1704年(宝永元年)

この年、大和川の付け替えが行われる

これまでの河床が畑になり、綿栽培が行われ、木綿生産も更に盛んになる。


天保年間(1830年~1844年)

この頃、河内木綿は最盛期を迎える

河内地方の平均綿作面積率は45.8%、年間300万反の河内木綿が生産されていたと言われている。


1858年(安政5年)

この年、修好通商条約締結

アメリカなどと修好通商条約が締結されると、木綿や綿糸が輸入されるようになる。
ただし、河内木綿に直接打撃を与えるような影響はなかった。


明治時代初期

この頃、「織屋」が登場する

明治になっても河内の綿作は盛んであり、「織屋」という工場制手工業経営が登場する。


明治20年代

この頃、大阪などで織物工場が操業

機械綿布が登場し、河内木綿を圧迫するようになる。
他方、河内木綿の繊維は短太のため、機械を導入できなかった。


1888年(明治21年)

この年、大日本紡績連合会が関税撤廃を請願

輸入綿花の関税撤廃が言われるようになる。


1893年(明治26年)

この年、「輸入棉花海関税免除法律」が審議

輸入綿花の関税撤廃という潮流の中、法律が審議され、河内地方でも反対運動が起こる。
そのため、実施が延期され、外国綿の移植など綿作改良が行われる。


1897年(明治30年)

この年、「輸入棉花海関税免除法律」施行

1894年(明治27年)の綿糸の輸出税撤廃もあり、河内木綿は急速に衰退していく。


大正時代

この頃には、綿作農家は転作、木綿問屋は寄生地主になるなど、河内木綿の生産は終りを迎えていた。


参考

favicon-book「大阪の歴史」研究会「大阪近代史話

favicon-webNPO法人 河内木綿藍染保存会「河内木綿のこと





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


広告