国維会

   

概要

 国維会とは、国家主義者・安岡正篤を指導者とする、官僚・統制派軍人のグループである。
 日本工業倶楽部における講演などを通じて、財界に影響力をもったとされ、1934年(昭和9年)に岡田内閣が成立した際には、国維会のメンバーである後藤文夫(内務大臣)、藤井真信(大蔵大臣)、河田烈(内閣書記官長)が入閣を果たした。


参考

favicon-book安藤良雄『日本の歴史 28 ブルジョワジーの群像

コメント

タイトルとURLをコピーしました