フォロー





 RSS登録

カテゴリー

人物人物 (47)
出来事出来事 (14)
制度制度 (8)
飲食物飲食物 (18)
農産物農産物 (53)
会社会社 (1)
施設施設 (9)
地域地域 (3)
広告


レタス

レタス

  れたす
別名:チシャ、萵苣
奈良時代~

チシャとも呼ばれるキク科の緑葉色野菜



年表

紀元前4500年頃

原産地は西アジアから地中海沿岸で、この頃にはエジプトで用いられていた。
また、古代ギリシャやローマでも、健康と安眠をもたらす野菜として、紀元前から食べられていた。

ただ当時のものは、結球しないタイプのものであった。


7世紀頃

この頃、中国に伝わり、茎チシャが生まれている。


奈良時代

この頃には、中国から日本に導入されていた

この頃には、中国から結球しないものが伝わり、平安時代には「かきチシャ」と呼ばれていた。


太平洋戦争後

この頃、日本でもアメリカの進駐軍向けに玉チシャが作られるようになる


1960年代

この頃、玉チシャが日本でも広く食べられるようになる


参考

favicon-book小崎格他監修「花図鑑 野菜+果物 (草土花図鑑シリーズ)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


広告