メロン

大正
   

年表

原産地

諸説あるが、東アフリカ説が有力視されており、エジプトで栽培化され、ヨーロッパに伝来したという言われている。
また、マクワウリなどの東洋系のメロンは、エジプトから中近東に渡り、その後中国に伝わったとされる。


4世紀

この頃には、日本には伝来していたとされる

遺跡の中から炭化した東洋系の種が発掘されている


明治初期

この頃、西洋種のメロンの種子が日本に導入され始める


明治中期

この頃、西洋メロンの試験栽培が行われる

農学博士・福羽逸人がイギリスやフランスから種子を取り寄せ、新宿御苑の植物試験場で試作を行う。


1925年(大正14年)

この年、「アールス・フェボリット」が導入される

温室メロン型のアールス・フェボリットがイギリスから導入される


1961年(昭和36年)

この年、「夕張キング」(夕張メロン)誕生

アールス・フェボリットとスパシー・カンタローボの交配種。
夕張キングは、夕張メロンの中心的な品種。


参考

favicon-book小崎格他監修「花図鑑 野菜+果物 (草土花図鑑シリーズ)

favicon-book成瀬宇平「47都道府県・地野菜/伝統野菜百科

コメント

タイトルとURLをコピーしました