なつみかん

大正
   

年表

1700年頃

この頃、山口県で種子が見つかる

山口県長門市の海岸に漂着した果実の種を播いたのが起源とされる。


1876年(明治9年)

この年、山口県で初めて経済栽培が行われる

山口県萩市で初めて経済栽培が行われ、この後、各地に広がる


1971年(昭和46年)

この年、グレープフルーツの輸入自由化

これにより、夏みかんは大打撃を受け、その後、生産・消費が減少

コメント

タイトルとURLをコピーしました