フォロー





 RSS登録

カテゴリー

人物人物 (47)
出来事出来事 (14)
制度制度 (8)
飲食物飲食物 (18)
農産物農産物 (53)
会社会社 (1)
施設施設 (9)
地域地域 (3)
広告


夏目漱石

夏目漱石

  なつめそうせき
別名:夏目金之助(本名)
1867年2月9日(慶応3年1月5日)~1916年(大正5年)12月9日

『坊ちゃん』や『吾輩は猫である』などの名作を残した明治・大正時代の作家



概要

 明治時代の作家である。
 東京帝国大学卒業後、愛媛・熊本などで教師となり、1900年(明治33年)にイギリスに留学する。
 帰国後、書いた小説「吾輩は猫である」が人気を博し、作家となり、様々な小説を発表する。
 しかし、1916年(大正5年)に、胃潰瘍が悪化し死去。


年表

夏目漱石に関する年表・年譜です。

西暦(年号) 年齢 出来事
1867年
(慶応3年)
0歳 名主・夏目小兵衛直克の5男として、江戸の牛込馬場下横町で生まれる。
生後すぐに四谷の古道具屋(一説では八百屋)に里子に出されたが、すぐに連れ戻される。
1868年
(慶応4年
/明治元年)
1歳 名主・塩原昌之助の養子となる。
1874年
(明治7年)
7歳 養父・名主・塩原昌之助の不倫により、夫婦間で不和が生じ、養母とともに一時的に生家に戻る。
公立の浅草寿町戸田小学校下等小学校に入学する。
1876年
(明治9年)
9歳 養父・塩原と養母が離婚し、金之助は塩原家に在籍のまま、養母と共に夏目家に引き取られる。
市ケ谷柳町の市ケ谷小学校に転校する。
1881年
(明治14年)
14歳 母・千枝死去。
1888年
(明治21年)
21歳 夏目家に復籍する。
1890年
(明治23年)
23歳 7月 第一高等中学校本科に卒業。
9月 東京帝国大学文科大学英文科に入学。
1891年
(明治24年)
24歳 特待生となる。
1892年
(明治25年)
25歳 4月 徴兵を避けるため分家届を出し、北海道民となる(~1913年(大正2年))
5月 東京専門学校の講師となる。
1895年
(明治28年)
28歳 4月 愛媛県尋常中学校に英語科教師として赴任する。
12月 貴族院書記官長・中根重一の長女・鏡子と見合いし、婚約する。
1895年
(明治28年)
28歳 4月 愛媛県尋常中学校に英語科教師として赴任する。
1896年
(明治29年)
29歳 4月 熊本県の第五高等学校・講師として赴任する。
6月 熊本市下通町に家を借り、結婚する。
1899年
(明治32年)
32歳 5月 長女・筆子が誕生する。
1900年
(明治33年)
33歳 5月 文部省から英語研究のため満二年のイギリス留学を命じられる。
9月 横浜よりイギリスに出発。
1901年
(明治34年)
34歳 1月 次女・恒子が誕生する。
1902年
(明治35年)
35歳 9月 正岡子規死去。
1903年
(明治36年)
36歳 1月 イギリスから帰国。
4月 第一高等学校・講師、東京帝国大学文科大学英文科・講師となる。
10月 三女・栄子が誕生する。
1904年
(明治37年)
37歳 12月 文章会「山会」で「吾輩は猫である」を発表する。
1913年
(大正2年)
46歳 3月 胃潰瘍のため病臥する。
1916年
(大正5年)
49歳 12月 死去。


名言

夏目漱石による名言・至言です。

智に働けば角が立つ。情に掉させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。

『草枕』

favicon-pencil

『草枕』の中の一文だが、夏目漱石の作品の中で、有名な文章の一つ。


西洋の開化(即ち一般の開化)は内発的であって、日本の現代の開化は外発的である。

「現代日本の開化」


涙を呑んで上滑りに滑って行かなければならない

「現代日本の開化」

favicon-pencil

上記と同様、日本の開花について述べた言葉である。日本の開花は外発的であるので、上滑りして進んでいかなければならないという意味である。


著書

夏目漱石による著書・著作です。

favicon-book夏目漱石『吾輩は猫である (新潮文庫)

favicon-book夏目漱石『倫敦塔

favicon-book夏目漱石『幻影の盾

favicon-book夏目漱石『坊っちゃん (新潮文庫)

favicon-book夏目漱石『三四郎 (新潮文庫)

favicon-book夏目漱石『それから (新潮文庫)

favicon-book夏目漱石『

favicon-book夏目漱石『彼岸過迄 (新潮文庫)

favicon-book夏目漱石『虞美人草 (新潮文庫)

favicon-book夏目漱石『こころ (集英社文庫)

favicon-book夏目漱石『行人 (新潮文庫)

favicon-book夏目漱石『道草 (新潮文庫)

favicon-book夏目漱石『硝子戸の中 (新潮文庫)

favicon-book夏目漱石『二百十日

favicon-book夏目漱石『野分

favicon-book夏目漱石『坑夫 (新潮文庫)

favicon-book夏目漱石『文鳥

favicon-book夏目漱石『夢十夜

favicon-book夏目漱石『明暗 (新潮文庫)


映画

夏目漱石の著作を原作とした映画です。

favicon-movie松田優作主演「それから [DVD]


ゆかりの地・施設

夏目漱石に関する施設・ゆかりの地です。

名称 住所 備考
漱石公園 東京都新宿区早稲田南町7
夏目漱石誕生の地碑 東京都新宿区喜久井町
夏目漱石旧居跡(猫の家) 東京都文京区向丘2丁目20−7
錦華公園 東京都千代田区猿楽町1丁目1−2 錦華小学校(現:お茶の水小学校)に隣接し、校庭の外に夏目漱石記念碑がある
東慶寺 神奈川県鎌倉市山ノ内1367 夏目漱石参禅百年記念碑
夏目漱石第三旧居 熊本県熊本市中央区水前寺公園22−16
夏目漱石内坪井旧居 熊本県熊本市中央区内坪井町4−22
明治村 愛知県犬山市字内山1番地 夏目漱石住宅が移設
道後温泉本館 愛媛県松山市道後湯之町5−6 坊っちゃんの間


地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
現在地
Google Mapsルートを検索


参考

favicon-book大隅和雄他「知っておきたい日本の名言・格言事典





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


広告


コンテンツ