フォロー





 RSS登録

カテゴリー

人物人物 (47)
出来事出来事 (14)
制度制度 (8)
飲食物飲食物 (18)
農産物農産物 (53)
会社会社 (1)
施設施設 (9)
地域地域 (3)
広告


二宮金次郎

二宮金次郎

  にのみやきんじろう
別名:二宮尊徳
1787年9月4日(天明7年7月23日)~1856年11月17日(安政3年10月20日)

小田原藩などの藩政を担った江戸時代の農政家



概要

 二宮尊徳は、江戸時代の農政家である。
 よく二宮尊徳を「報徳記」をもって思想家とする場合もあるが、家老家の財政再建や天領経営などで成果を上げた実務家である。

 なお、大正・昭和に入ると、全国各地の小学校に「二宮金次郎像」として、薪を担ぎ、歩きながら読書する像が置かれるようになった。


年表

二宮金次郎に関する年表・年譜です。

西暦(年号) 年齢 出来事
1787年
(天明7年)
0歳 相模国足柄上郡栢山村(現在の神奈川県小田原市栢山)で百姓・利右衛門の長男として誕生。
1791年
(寛政3年)
4歳 大豪雨により酒匂川が氾濫し、父・利右衛門の田畑が荒地となる
1800年
(寛政12年)
13歳 父・利右衛門が死去
1802年
(享和2年)
15歳 母・よしが死去。
弟・友吉、富次郎を母の実家に預け、金次郎は伯父・万兵衛のもとに身を寄せる。
1804年
(文化元年)
17歳 伯父・万兵衛の元を離れ、名主・岡部伊助のところで、農業の傍ら、習字読書を教わる。
1806年
(文化3年)
19歳 廃屋を修理し独居。田を買戻し、生家の復興を行う。
1812年
(文化9年)
25歳 小田原藩主家老・服部家の若党となる。
1815年
(文化12年)
28歳 服部御家政御取り直し趣法帳を起草。
1817年
(文化14年)
30歳 キノを娶る(一年後キノが去り、離婚)。
1818年
(文政元年)
31歳 主人・服部十郎兵衛より服部家の再建を依頼される(その後、財政再建を果たす)
1820年
(文政3年)
33歳 浪子を娶る
1821年
(文政4年)
34歳 小田原藩主の分家で旗本の宇津家の桜町領の復興を命じられ、調査を始める
1822年
(文政5年)
35歳 正式に宇津家の桜町領の領地開発を命じられる
1823年
(文政6年)
36歳 桜町の領地開発を始める
1830年
(天保元年)
43歳 宇津家仕法第一期が終了した成果として米426俵を小田原藩主・大久保忠真に治める
1832年
(天保2年)
44歳 近隣の青木村から、救済を懇願される
1834年
(天保4年)
46歳 青木村の桜川の堤防修理を行う
なすを食べ、気候の異変を悟り、桜町を凶作から守る(天保の大飢饉の始まり)
1836年
(天保6年)
48歳 小田原藩主・大久保忠真より、功労を賞される。
1837年
(天保7年)
49歳 飢饉・凶作続き、打ちこわしなども起こり、小田原藩主・大久保忠真より、小田原救済を依頼される。
1838年
(天保8年)
50歳 村々を廻り、小田原の救援活動を行う。
小田原藩主・大久保忠真が死去
1856年
(安政3年)
68歳 10月20日 下野国今市村(現在の栃木県日光市)の報徳役所で、死去
(※)年齢は、数え年ではなく満年齢


名言

二宮金次郎による名言・至言です。

凡(およそ)小人の常、大なる事を欲して、小さなる事を怠り、出来難き事を憂ひて、出来易き事を勤めず、夫故(それゆえ)、終(つい)に大なる事をなす事あたはず。

『二宮翁夜話』巻之一


グッズ

二宮金次郎に関するグッズ・商品です。

favicon-boxStrapyaNext 懐かしき学校の思い出 二宮金次郎根付ストラップ(黄銅色)

favicon-box二宮金次郎 置物 ポリストーン製 15cm

favicon-box『二宮金次郎像(大)』ブロンズ


ゆかりの地・施設

二宮金次郎に関する施設・ゆかりの地です。

名称 住所 備考
小田原市尊徳記念館・二宮尊徳生家 神奈川県小田原市栢山2065-1
報徳二宮神社 神奈川県小田原市城内8-10
二宮尊徳資料館 栃木県真岡市物井2013−2


現在地
ルートを検索


参考

favicon-book大隅和雄他「知っておきたい日本の名言・格言事典





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


広告


コンテンツ