おじやうどん

   

年表

戦前

大阪人は飯とうどんを一緒に食べるため、戦前、ウサミ亭松葉屋が、ひとつ鍋で売り出した。
安上がりで、おなかも膨れるので、当時船場で働いていた店員や会社勤めの人に受けた。


昭和30年頃

戦前、このおじやうどんを食べた人から要望があり、焼きアナゴ・卵、エビのてんぷらなどをトッピングして、ウサミ亭松葉屋が再開する。


参考

favicon-book奥村彪生「日本めん食文化の一三〇〇年

コメント

タイトルとURLをコピーしました