フォロー





 RSS登録

カテゴリー

人物人物 (47)
出来事出来事 (14)
制度制度 (8)
飲食物飲食物 (18)
農産物農産物 (53)
会社会社 (1)
施設施設 (9)
地域地域 (3)
広告


大川周明

大川周明

  おおかわしゅうめい
1886年(明治19年)12月6日~1957年(昭和32年)12月24日

戦前を中心に活動し、A級戦犯となった思想家・活動家



概要

 大川周明は、戦前の学者・思想家である。
 東京帝国大学卒業後、評論家や学者として活動していたが、徐々に政治活動家として関与していくことになる。
 昭和初期に多くあった要人の暗殺事件などについて、右翼主義者や陸軍軍人と繋がり、三月事件や十月事件に関与したりし、最終的には、五・十五事件で逮捕される。ただ、当時の認識としては、犯罪者というよりも、財閥など一部の既得権者に対する国士という認識もあった。釈放後は、出版した本がベストセラーになったり、大川塾の開設などを行い、諜報活動を行う人材育成などに携わる。
 日本が太平洋戦争に負けると、民間人としてはただ一人、A級戦犯として逮捕される。しかし、毒により精神障害となり、東京裁判で東条英機の頭を叩くなど、奇矯を行い入院、不起訴処分となる。
 その後は、農村振興活動などを行い、1957年(昭和32年)に死去。


年表

大川周明に関する年表・年譜です。

西暦(年号) 年齢 出来事
1886年
(明治19年)
0歳 村医者・大川周賢の長男として、山形県飽海郡荒瀬郷藤塚村で生まれる。
1904年
(明治37年)
18歳 3月 荘内中学校卒業
1906年
(明治39年)
20歳 10月 野事件
1907年
(明治40年)
21歳 7月 第五高等学校卒業
年末より、ノイローゼ・肺結核治療のため伊豆大島にて静養(~1908年(明治41年)4月)
1910年
(明治43年)
24歳 7月 日本教会に入会
1911年
(明治44年)
25歳 7月 東京帝国大学文科大学卒業(宗教学専攻)
1914年
(大正3年)
27歳 2月 『宗教の本質』(翻訳)
5月 父・周賢死去
11月 『エミール』(翻訳)
1915年
(大正4年)
28歳 秋頃、インド人革命家グプタと出会う。
11月 インド人主催御大典祝賀会開催に協力
1916年
(大正5年)
29歳 2月 国外退去を命じられたグプタを匿う(~4月)
10月 フランスの詩人ポール・リシャールと出会う
11月 『印度に於ける国民的運動の現状及び其の由来』
1917年
(大正6年)
30歳 この年、全亜細亜会を結成、代表となる
7月 『国際間に於ける日本の孤立』(翻訳)、『告日本国』(翻訳)
1918年
(大正7年)
31歳 5月 満鉄亜細亜経済調査局に嘱託として採用される
10月 老壮会結成
1919年
(大正8年)
32歳 2月 人種的差別撤廃期成会運動の実行委員となる
2月 リシャール夫妻と同居(~1920年)
8月 猶存社結成
8月 北一輝を訪問
9月 満鉄職員となる
11月 東亜経済調査局編輯課長
1920年
(大正9年)
33歳 4月 拓殖大学教授を兼任
12月 日印協会から退会
1928年
(昭和3年)
41歳 9月 張学良と会見
1929年
(昭和4年)
42歳 7月 (財)東亜経済調査局理事長となる
1931年
(昭和6年)
44歳 3月 三月事件
10月 十月事件
1932年
(昭和7年)
45歳 2月 神武会結成
6月 逮捕
1934年
(昭和9年)
47歳 2月 東京地方裁判所判決で懲役15年
11月9日 東京控訴院判決で禁錮7年
11月12日 保釈
1935年
(昭和10年)
48歳 2月 神武会解散
6月 『佐藤信淵集』
10月 大審院宣告で禁錮5年
1936年
(昭和11年)
49歳 6月 下獄
1937年
(昭和12年)
50歳 10月 仮出所が許される
1938年
(昭和13年)
51歳 4月 法政大学大陸部長となる
5月 東亜経済調査局付属研究所(大川塾)を開設し、所長となる
1939年
(昭和14年)
52歳 7月 『日本二千六百年史』(ベストセラーになるが、記述が問題となる)
1941年
(昭和16年)
54歳 12月 太平洋戦争開戦
1945年
(昭和20年)
58歳 8月 太平洋戦争敗戦
12月 A級戦犯容疑で逮捕
1946年
(昭和21年)
59歳 5月 精神障害のため入院
12月 母・多代女死去
1947年
(昭和22年)
60歳 3月 病状が快方に向かい、コーラン翻訳を始める
1948年
(昭和23年)
61歳 12月24日 不起訴処分となる
12月30日 退院
1957年
(昭和32年)
69歳 12月 自宅にて死去


著書

大川周明による著書・著作です。

favicon-book大川周明『印度に於ける国民的運動の現状及び其の由来

favicon-book大川周明『宗教原理講和』

favicon-book大川周明『日本文明史

favicon-book大川周明『復興亜細亜の諸問題 (中公文庫)

favicon-book大川周明『復興印度の精神的根拠

favicon-book大川周明『亜細亜、欧羅巴、日本

favicon-book大川周明『日本及日本人の道

favicon-book大川周明『道―大川周明道徳哲学講話集

favicon-book大川周明『特許植民会社制度研究―大航海時代から二十世紀まで

favicon-book大川周明『清河八郎』

favicon-book大川周明『日本精神研究』

favicon-book大川周明『国史概論』

favicon-book大川周明『日本的言行 (昭和8年)

favicon-book大川周明『国史読本

favicon-book大川周明『佐藤信淵集』

favicon-book大川周明『日本二千六百年史

favicon-book大川周明『亜細亜建設省』

favicon-book大川周明『近代欧羅巴植民史』

favicon-book大川周明『米英亜細亜侵略史』

favicon-book大川周明『回教概論 (ちくま学芸文庫)

favicon-book大川周明『大亜細亜秩序建設』

favicon-book大川周明『佐藤雄能先生伝』

favicon-book大川周明『新亜細亜小論』

favicon-book大川周明『新東洋精神』

favicon-book大川周明『安楽の門

favicon-book大川周明『日本文明概説』

favicon-book大川周明『頭山満と近代日本

favicon-book大川周明『大川周明「獄中」日記―米英東亜侵略史の底流

favicon-book大川周明『敗戦後―大川周明戦後文集


文献

大川周明に関する文献・著書です。

favicon-book大塚健洋『大川周明 ある復古革新主義者の思想 (講談社学術文庫)

favicon-book大塚健洋『大川周明と近代日本

favicon-book佐藤優『日米開戦の真実 大川周明著『米英東亜侵略史』を読み解く

favicon-book関岡英之『大川周明の大アジア主義

favicon-book

塩出浩之『岡倉天心と大川周明―「アジア」を考えた知識人たち (日本史リブレット人)

favicon-book玉居子精宏『大川周明 アジア独立の夢 (平凡社新書)

favicon-book左山貞雄『大川周明博士その思想 (1944年)

favicon-book野島嘉晌『大川周明』

favicon-book柳沢一二『私の戦後―大川周明博士と共に (1982年)

favicon-book冨樫富『わが大川周明論―回帰への遍歴』

favicon-book原田幸吉『大川周明博士の生涯

favicon-book臼杵陽『大川周明 イスラームと天皇のはざまで

favicon-book臼杵陽『大川周明世界宗教思想史論集


ゆかりの地・施設

大川周明に関する施設・ゆかりの地です。

名称 住所 備考
瀧泉寺(目黒不動尊) 東京都目黒区下目黒3丁目20−26 大川周明の墓がある
光丘文庫 山形県酒田市日吉町2丁目7−71 大川周明の蔵書(大川文庫)や大川周明に関する書籍も保存。また近くには、大川周明顕彰碑がある
東池袋中央公園 東京都豊島区東池袋3丁目1 大川周明が拘置されていた巣鴨プリズンの石碑が立っている


現在地
ルートを検索




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA