桶町火事

   

年表

1641年(寛永18年)

1月29日 日本橋桶町から出火

夜12時頃、日本橋桶町(現:東京都中央区八重洲2丁目付近)から出火する。

1月31日 鎮火

97町、家屋1924戸(うち武家屋敷121、同心屋敷56)が焼失し、焼死者数百人。


1643年(寛永20年)

この年、大名火消を定める

桶町火事の反省から、幕府は消防組織の編成を行い、大名火消を定めた。

更に、府内35町に散在していた材木業者に対し、材木置場を永代島と定め、材木の高積みを禁止した。


参考

favicon-book河出書房新社編集部編『大江戸歴史百科

コメント

タイトルとURLをコピーしました