フォロー





 RSS登録

カテゴリー

人物人物 (47)
出来事出来事 (14)
制度制度 (8)
飲食物飲食物 (18)
農産物農産物 (53)
会社会社 (1)
施設施設 (9)
地域地域 (3)
広告


桃

  もも
別名:モモ、ピーチ
弥生時代~

古くから食されるピンク色のバラ科の果物



年表

紀元前5~3世紀

原産地は中国北部で、中国では紀元前400~250年に『山海経』に栽培されていた記録がある。


弥生時代

この頃には、日本でも栽培されていたと考えられる

日本では弥生時代以降の遺跡からの核が数多く出土しており、大陸文化の渡来と共に栽培が行われていたと思われる。


10~11世紀

この頃、中国で大果が出現


11~12世紀

この頃、中国で油(ネクタリン)、黄肉桃の記載がある。


1873年(明治6年)

この年、欧米から大果系品種が日本に導入

これまでは日本でも桃が栽培されていたが、小果であったが、この頃から、大果が導入される。


1875年(明治8年)

この年、中国から大果系品種が日本に導入


1971年(昭和46年)

この年、「川中島白桃」が命名される

長野市の池田正元が川中島白桃と命名する


参考

favicon-book小崎格他監修「花図鑑 野菜+果物 (草土花図鑑シリーズ)

favicon-book成瀬宇平「47都道府県・地野菜/伝統野菜百科





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


広告