荒木貞夫

概要

 荒木 貞夫は、戦前の陸軍で皇道派の代表格として権勢を誇るが、戦後、A級戦犯となった帝国陸軍軍人です。

名 前荒木 貞夫 (あらき さだお)
生没年1877年(明治10年)5月26日~1966年(昭和41年)11月2日
出生地神奈川県多摩郡(現:東京都狛江市)
没 地
時 代明治大正昭和
父 親
母 親
配偶者
子 供
家 族
備 考

投稿

 荒木 貞夫に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました