朝倉文夫

概要

 朝倉文夫は、『吊された猫』『墓守』『島津斉彬公像』などを手掛け、「東洋のロダン」と呼ばれた昭和時代の彫刻家です。

名 前朝倉 文夫 (あさくら ふみお)
性 別男性
生没年1883年(明治16年)3月1日~1964年(昭和39年)4月18日
出生地大分県大野郡上井田村(現:大分県豊後大野市朝地町)
没 地
時 代明治大正昭和
父 親
母 親
配偶者
子 供(長女)朝倉摂、(次女)朝倉響子
家 族
備 考

コメント

タイトルとURLをコピーしました