足利尊氏

概要

 足利 尊氏は、後醍醐天皇に応じ鎌倉幕府を滅亡に追いやり、建武の新政後、室町幕府の初代将軍となった武将です。

名 前足利 尊氏 (あしかが たかうじ)
別 名(幼名)又太郎、(別名)足利高氏
生没年1305年(嘉元3年)~1358年6月7日(正平13年/延文3年4月30日)
出身地丹波国何鹿郡八田郷上杉荘(現:京都府綾部市上杉)
時 代鎌倉室町
父 親足利貞氏
母 親上杉清子
配偶者(正室)赤橋登子、(側室)加古基氏の娘、越前局 他
子 供足利竹若丸、足利直冬、足利義詮、足利基氏、鶴王 他
家 族
備 考

投稿

 足利 尊氏に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました