足利義尚

概要

 足利 義尚は、将軍となるが、足利義政などに実権を握られ、酒色に溺れ、近江守護・六角高頼の討伐中に陣没した室町幕府第9代将軍です。

名 前足利 義尚 (あしかが よしひさ)
別 名足利義煕
生没年1465年12月11日(寛正6年11月23日)~1489年4月26日(長享3年3月26日)
出身地山城国(現:京都府)
時 代室町戦国
父 親足利義政
母 親日野富子
配偶者(正室)日野勝光の娘、(側室)徳大寺公有の娘
子 供女子
家 族
備 考

略年表

 足利 義尚の人生について、簡単に分かりやすくした略年表です。

年齢出来事
1465年(寛正6年)1歳生誕
1473年(文明5年)9歳元服し、将軍職就任
1479年(文明11年)15歳政務をとる
1483年(文明15年)19歳『新百人一首』を撰定
1487年(文明19年/長享元年)23歳六角氏攻めで出陣
1489年(長享3年/延徳元年)25歳陣中で病死

投稿

 足利 義尚に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました