蘆名盛氏

概要

 蘆名 盛氏は、会津地方を制圧し、仙道(中通り)や越後蒲原郡なども支配し、蘆名氏の最盛期を築いた戦国大名です。

名 前蘆名 盛氏 (あしな もりうじ)
別 名(幼名)四郎丸、(号)蘆名止々斎
生没年1521年(大永元年) ~1580年7月28日(天正8年6月17日)
出身地陸奥国(現:福島県)
時 代室町戦国
父 親蘆名盛舜
母 親金上盛興の娘
配偶者(正室)伊達稙宗の娘
子 供蘆名盛興、結城義親室、(養子)蘆名盛隆
家 族
備 考

略年表

 蘆名 盛氏の人生について、簡単に分かりやすくした略年表です。

年齢出来事
1521年(大永元年)1歳生誕
1537年(天文6年)17歳伊達稙宗の次女を正室に迎える
1550年(天文19年)30歳本格的に仙道(中通り)へ進出開始
1560年(永禄3年)40歳最初の徳政令を出す
1561年(永禄4年)41歳家督を嫡男・蘆名盛興に譲り、隠居
1563年(永禄6年)43歳須賀川城主・二階堂盛義を降し、岩瀬郡へ侵攻
1574年(天正2年)54歳嫡男・蘆名盛興が死去
1576年(天正4年)56歳二階堂盛義の子・盛隆に家督を継承
1578年(天正6年)58歳御館の乱で越後出兵
1580年(天正8年)60歳死去

投稿

 蘆名 盛氏に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました