富士川游

概要

 富士川游は、明治時代に日本医学の発達変遷を述べた『日本医学史』を著し、日本における医史学を確立した医学者・医者です。

名 前富士川 游 (ふじかわ ゆう)
別 名(旧姓名)藤川充人
性 別男性
生没年1865年6月4日(慶應元年5月11日)~1940年(昭和15年)11月6日
出生地安芸国沼田郡長楽寺村(現:広島県広島市安佐南区長楽寺)
没 地
時 代江戸明治大正昭和
父 親藤川雪
母 親
配偶者
子 供
家 族
備 考

投稿

 富士川游に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました