鑑真

概要

 鑑真は、5度渡海に失敗しながらも来日し、日本での仏教の戒律の確立に尽力し、律宗の開祖となり、唐招提寺の創建などを行った奈良時代の僧侶です。

名 前鑑真 (がんじん)
性 別男性
生没年688年~763年6月25日
出生地唐・揚州江陽県(現:中華人民共和国四川省瀘州市江陽区)
没 地唐招提寺(現:奈良県奈良市五条町13-46)
時 代飛鳥奈良
父 親
母 親
配偶者
子 供
家 族
備 考

投稿

 鑑真に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました