濱田成徳

概要

 濱田成徳は、昭和初期に、日本で初めて酸化物陰極を研究し多量生産方法を完成させた技術者・官僚です。

名 前濱田 成徳 (はまだ しげのり)
性 別男性
生没年1900年(明治33年)9月21日~1989年(平成元年)7月1日
出生地東京府(現:東京都)
没 地
時 代明治大正昭和平成
父 親
母 親
配偶者
子 供
家 族
備 考

コメント

タイトルとURLをコピーしました