支倉常長

概要

 支倉 常長は、江戸時代に慶長遣欧使節団を率いてヨーロッパに渡航し、ローマ貴族・フランシスコ派カトリック教徒となった伊達藩士です。

名 前支倉 常長 (はせくら つねなが)
生没年1571年(元亀2年)~1622年8月7日(元和8年7月1日)
出身地出羽国置賜郡長井荘立石邑(現:山形県米沢市立石)
時 代安土江戸
備 考

投稿

 支倉 常長に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました