畠山勇子

概要

 畠山 勇子は、明治時代の大津事件の際、被害者のロシア皇太子ニコライに謝罪の遺書を残して自殺した女性です。

名 前畠山 勇子 (はたけやま ゆうこ)
生没年1865年(慶応元年)12月~1891年(明治24年)5月20日
出身地安房国長狭郡横渚村(現:千葉県鴨川市横渚)
時 代江戸明治
備 考

投稿

 畠山 勇子に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました