細川勝元

概要

 細川 勝元は、室町幕府の管領であり、応仁の乱の東軍総大将である室町時代中期の守護大名・武将です。

名 前細川 勝元 (ほそかわ かつもと)
生没年1430年(永享2年)~1473年6月6日(文明5年5月11日)
出身地摂津国(現:大阪府)
時 代室町戦国
父 親細川持之
母 親京極高光娘
配偶者(正室)春林寺殿
子 供洞松院、細川政元、(養子)細川豊久、(猶子)細川勝之
家 族
備 考

略年表

 細川 勝元の人生について、簡単に分かりやすくした略年表です。

年齢出来事
1430年(永享2年)1歳生誕
1442年(嘉吉2年)13歳家督相続
1445年(文安2年)16歳管領就任(~1449年)
1452年(宝徳4年/享徳元年)23歳2度目の管領就任(~1464年)
1467年(文正2年/応仁元年)38歳応仁の乱
1468年(応仁2年)39歳3度目の管領就任
1472年(文明4年)43歳和平交渉決裂
1473年(文明5年)44歳死去

投稿

 細川 勝元に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました