稲田邦植

概要

 稲田邦植は、徳島藩の筆頭家老で淡路洲本城主を務めていたが、本藩と対立し稲田騒動の結果、北海道の開拓を命じられた幕末・明治時代の人物です。

名 前稲田 邦植 (いなだ くにたね)
性 別男性
生没年1855年12月26日(安政2年11月18日)~1931年(昭和6年)5月26日
出生地淡路国洲本(現:兵庫県洲本市小路谷)
没 地
時 代明治大正昭和
父 親
母 親
配偶者
子 供
家 族
備 考

投稿

 稲田邦植に関する投稿です。

トップページ フォーラム 稲田邦植

  • 空のフォーラムです。
  • トピックが見つかりませんでした。
  • 新しいトピックを作成するにはログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました