板垣退助

概要

 板垣退助は、幕末には土佐藩士として倒幕に加わり、明治時代には自由民権運動を推進し、「板垣死すとも自由は死せず」という言葉も残した政治家です。

名 前板垣 退助 (いたがき たいすけ)
別 名(幼名)猪之助、(別名)乾退助
性 別男性
生没年1837年5月21日(天保8年4月17日)~1919年(大正8年)7月16日
出生地土佐国高知城下中島町(現:高知県高知市)
没 地
時 代江戸明治大正
父 親乾正成
母 親林幸子
配偶者(正妻)林益之丞政護妹、(継妻)中山弥平治秀雅次女、板垣鈴、板垣絹子、(権妻)板垣清女
子 供(長男)板垣鉾太郎、(次男)乾正士、(三男)板垣孫三郎、(四男)板垣正実、(五男)乾六一、(長女)片岡兵子、(次女)宮地軍子、(三女)小川婉子、(四女)浅野千代子、(五女)小山良子
家 族
備 考

略年表

 板垣退助の人生について、簡単に分かりやすくした略年表です。

年齢出来事
1837年(天保8年)1歳生誕
1861年(万延元年/万延2年/文久元年)25歳江戸遊学
1864年(文久3年/文久4年/元治元年)28歳高知城下の町奉行就任
1865年(元治元年/元治2年/慶応元年)29歳江戸へ兵学修行
1867年(慶応2年/慶応3年)31歳大監察就任
1868年(慶応3年/慶応4年/明治元年)32歳戊辰戦争
乾から板垣に改姓
1870年(明治3年)34歳高知藩の大参事就任
1871年(明治4年)35歳参議就任
1873年(明治6年)37歳征韓論に敗れ下野
1874年(明治7年)38歳『民撰議院設立建白書』提出
1881年(明治14年)45歳自由党結成
1882年(明治15年)46歳岐阜遭難事件
1884年(明治17年)48歳自由党解党
1890年(明治23年)54歳立憲自由党から改称した自由党総理に就任
1896年(明治29年)60歳内務大臣就任
1900年(明治33年)64歳政界引退
1919年(大正8年)83歳死去

投稿

 板垣退助に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました