板倉勝重

概要

 板倉 勝重は、徳川家康に仕え、駿府町奉行・江戸町奉行として善政を行い、初代京都所司代となった武将・旗本です。

名 前板倉 勝重 (いたくら かつしげ)
生没年1545年(天文14年)~1624年6月14日(寛永元年4月29日)
出身地三河国額田郡小美村(現:愛知県岡崎市小美町)
時 代戦国安土江戸
父 親板倉好重
母 親本多光次娘
配偶者(正室)粟生永勝娘
子 供板倉重宗、板倉重昌、板倉重大、戸田光正室、 川村重久室、槙小太夫、安藤重能正室、(養子)中嶋重好、伊東長昌正室
家 族
備 考

投稿

 板倉 勝重に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました