梶原景時

概要

 梶原 景時は、石橋山の戦いで源頼朝を救い重用・信頼され、侍所所司などを務めるが、頼朝死後、梶原景時の変で滅ぼされた鎌倉時代の武将です。

名 前梶原 景時 (かじわら かげとき)
生没年1140年(保延6年)頃~1200年2月6日(正治2年1月20日)
出生地相模国梶原郷(現:神奈川県鎌倉市)
没 地梶原山(現:梶原山公園(静岡市葵区長尾1134−102))
時 代平安鎌倉
父 親梶原景清
母 親横山孝兼の娘
配偶者鹿野尼
子 供梶原景季、梶原景高、梶原景茂、梶原景義、梶原景宗、梶原景則、梶原景連
家 族
備 考

投稿

 梶原 景時に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました