加納宗七

概要

 加納 宗七は、材木商、廻船、舟宿などを営むとともに、神戸港が台風で被害を受けたとき、私財を投じて避難港を建造した明治時代の実業家です。

名 前加納 宗七 (かのう そうしち)
生没年1827年7月16日(文政10年6月23日)~1887年(明治20年)5月5日
出身地紀伊国和歌山城北ノ新地分銅町(現:和歌山県和歌山市北ノ新地分銅町)
時 代江戸明治
備 考

投稿

 加納 宗七に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました