桂文楽(8代)

概要

 桂文楽(8代)は、戦後の名人の1人で、「黒門町」「黒門町の師匠」「黒門町の文楽」などと呼ばれ、人気を博した落語家です。

名 前桂 文楽(8代) (かつら ぶんらく)
別 名(本名)並河益義、(別名)桂小莚、三遊亭小圓都、翁家さん生、翁家馬之助
性 別男性
生没年1892年(明治25年)11月3日~1971年(昭和46年)12月12日
出生地青森県北津軽郡五所川原市(現:青森県五所川原市)
没 地
時 代明治大正昭和
父 親
母 親
配偶者
子 供
家 族
備 考

コメント

タイトルとURLをコピーしました