河口慧海

概要

 河口慧海は、明治時代に、梵語原典やチベット語訳仏典の入手を決意し、日本人で初めてチベットに渡った僧侶・探検家・仏教学者です。

名 前河口 慧海 (かわぐち えかい)
性 別男性
生没年1866年2月26日(慶応2年1月12日)~1945年(昭和20年)2月24日
出生地摂津国住吉郡堺山伏町 (現:大阪府堺市堺区北旅籠町西3丁1番)
没 地
時 代江戸明治大正昭和
父 親
母 親
配偶者
子 供
家 族
備 考

コメント

タイトルとURLをコピーしました