川路聖謨

概要

 川路聖謨は、幕末に海岸防禦御用掛として、ロシア使節プチャーチンと交渉を行い、日露和親条約を締結するが、江戸開城前にピストル自殺をした旗本です。

名 前川路 聖謨 (かわじ としあきら)
性 別男性
生没年1801年6月6日(享和元年4月25日)~1868年4月7日(慶応4年3月15日)
出生地豊後国日田(現:大分県日田市)
没 地
墓 所
時 代江戸
父 親
母 親
配偶者
子 供
家 族
備 考

コメント

タイトルとURLをコピーしました