黒島亀人

スポンサーリンク

概要

 黒島 亀人は、太平洋戦争で真珠湾攻撃やミッドウェー海戦などの作戦を立案した参謀・海軍軍人です。

名 前 黒島 亀人
読み方 くろしま かめと
別 名
生没年 1893年(明治26年)10月10日~1965年(昭和40年)10月20日
出身地 広島県安芸郡吉浦町(現:広島県呉市)
時 代 明治, 大正, 昭和
備 考

内容

 戦前の海軍参謀である。
 山本五十六の懐刀として、真珠湾攻撃、ミッドウェー海戦などの計画を立案する。他方、特攻を立案したとも言われている。


年表

黒島亀人に関する年表・年譜です。

西暦(年号) 年齢 出来事
1893年
(明治26年)
0歳 石工の亀太郎のもと、広島県安芸郡吉浦町で生まれる。
1916年
(大正5年)
23歳 11月 海軍兵学校卒業
1926年
(大正15年
/昭和元年)
33歳 12月 海軍大学校入学
1928年
(昭和3年)
35歳 12月 海軍大学校卒業
1939年
(昭和14年)
46歳 10月 連合艦隊先任参謀に就任
1941年
(昭和16年)
48歳 12月 真珠湾攻撃(太平洋戦争開戦)
1942年
(昭和17年)
49歳 6月 ミッドウェー海戦
1965年
(昭和40年)
72歳 10月 死去

投稿

 黒島 亀人に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • トピックが見つかりませんでした。
  • 新しいトピックを作成するにはログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました