松方正義

概要

 松方正義は、明治新政府で、日本銀行設立や金本位制の確立などを行った政治家です。

名 前松方 正義 (まつかた まさよし)
性 別男性
生没年1835年3月23日(天保6年2月25日)~1924年(大正13年)7月2日
出生地薩摩国鹿児島郡鹿児島近在荒田村(現:鹿児島県鹿児島市下荒田)
没 地
時 代江戸明治大正
父 親松方正恭
母 親松方袈裟子
配偶者満佐子
子 供(長男)松方巌、(次男)松方正作、(三男)松方幸次郎、(四男)松方正雄、(長女)武笠千代子、(五男)松方五郎、(次女)松方幾姫、(三女)川上廣子、(六男)松方虎雄、(七男)松方金熊、(四女)谷村津留子、(八男)松方乙彦、(五女)松本光子、(九男)松方正熊、(十男)松方義輔、(十一男)松方金次郎、(十二男)松方十一郎、(十三男)松本虎吉、(六女)堀越子、(十四男)森村義行、(十五男)松方三郎、(七女)野坂文子
家 族
備 考松方内閣

投稿

 松方正義に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました