源頼政

概要

 源 頼政は、保元の乱・平治の乱で勝利し、武士として従三位に昇り公卿に列したが、以仁王の挙兵で平家の追討を受け自害した平安時代の武将です。

名 前源 頼政 (みなもとのよりまさ)
生没年1104年(長治元年)~1180年6月20日(治承4年5月26日)
出生地不明
没 地平等院(現:京都府宇治市宇治蓮華116)
時 代平安
父 親源仲政
母 親藤原友実の娘
配偶者源斉頼女、菖蒲御前 他
子 供源仲綱、源頼兼、源広綱、源頼尊、源散尊、二条院讃岐、藤原隆保室、藤原憲定室、村上経業室 他、(養子)源国政、源兼綱、源仲家、源宗頼、源政綱
家 族
備 考

投稿

 源 頼政に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました