水戸光圀

概要

 水戸光圀は、『大日本史』を編纂するなどし、「水戸黄門」として知られる水戸藩第2代目藩主です。

名 前水戸 光圀 (みと みつくに)
別 名(別名)徳川光圀、水戸黄門
性 別男性
生没年1628年7月11日(寛永5年6月10日)~1701年1月14日(元禄13年12月6日)
出生地常陸国水戸郡水戸城下柵町(茨城県水戸市宮町)
没 地
時 代江戸
父 親徳川頼房、(養父)三木之次
母 親高瀬局 、(養母)武佐
配偶者(正室)近衛尋子、(側室)弥智
子 供松平頼常、(養子)徳川綱方、徳川綱條、鍋姫
家 族
備 考

投稿

 水戸光圀に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました