箕作麟祥

概要

 箕作麟祥は、明治時代初期に、フランスの諸法典を翻訳し、日本の近代的法制度の整備に大きな影響を与えた法学者・官僚・幕臣です。

名 前箕作 麟祥 (みつくり りんしょう)
性 別男性
生没年1846年9月19日(弘化3年7月29日)~1897年(明治30年)11月29日
出生地江戸津山藩邸(現:東京都)
没 地
時 代江戸明治
父 親
母 親
配偶者
子 供
家 族
備 考

投稿

 箕作麟祥に関する投稿です。

トップページ フォーラム 箕作麟祥

  • 空のフォーラムです。
  • トピックが見つかりませんでした。
  • 新しいトピックを作成するにはログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました