宮崎松記

概要

 宮崎 松記は、ハンセン病の研究・治療を行い、国立療養所菊池恵楓園の園長を勤め、インドで救らいセンターを作り、「救らいの父」と呼ばれた医師です。

名 前宮崎 松記 (みやざき まつき)
生没年1900年(明治33年)1月10日~1972年(昭和47年)6月14日
出身地熊本県葦北郡日奈久村(現:熊本県八代市日奈久町)
時 代明治大正昭和
備 考

投稿

宮崎 松記に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました