森本六爾

概要

 森本六爾は、弥生時代に稲作が開始されたことを提唱した大正・昭和初期の考古学者です。

名 前森本 六爾 (もりもと ろくじ)
性 別男性
生没年1903年(明治36年)3月2日~1936年(昭和11年)1月22日
出生地奈良県磯城郡織田村大泉(現:奈良県桜井市)
没 地
時 代明治大正昭和
父 親
母 親
配偶者
子 供
家 族
備 考

コメント

タイトルとURLをコピーしました