村上義清

概要

 村上 義清は、信濃北部を支配、武田信玄を2度撃退し、村上氏の最盛期を築くが、信玄の侵攻で越後に落ち延びた戦国武将です。

名 前村上 義清 (むらかみ よしきよ)
生没年1501年3月29日(文亀元年3月11日)~1573年2月3日(元亀4年1月1日)
出身地信濃国埴科郡葛尾城(現:長野県埴科郡坂城町)
時 代戦国
父 親村上顕国
母 親斯波義寛の娘
配偶者(正室)小笠原長棟の娘、(側室)於フ子
子 供村上義利、村上義勝、村上義照、村上義邦、山浦景国、村上義満室、内山清宗室、村上義房室、高頼治室、会田清幸室、屋代政国室
家 族
備 考

略年表

 村上 義清の人生について、簡単に分かりやすくした略年表です。

年齢出来事
1503年(文亀3年)1歳生誕
1520年(永正17年)18歳家督を相続
1541年(天文10年)39歳海野平の戦いで、小県郡を完全に掌握
1548年(天文17年)46歳上田原の戦い
1550年(天文19年)48歳砥石崩れ
1551年(天文20年)49歳砥石城が攻略される
1552年(天文21年)50歳常田の戦い
1553年(天文22年)51歳葛尾城を捨て、長尾景虎を頼り越後国に落ち延びる
1561年(永禄4年)59歳第4次川中島の戦い
1573年(元亀4年/天正元年)71歳越後国根知城にて病死

投稿

 村上 義清に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました